総合 総合 sougou

  • 印刷
王位戦第3局で初手を指す藤井聡太棋聖(左)。右は木村一基王位=4日午前、神戸・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・吉田敦史)
拡大
王位戦第3局で初手を指す藤井聡太棋聖(左)。右は木村一基王位=4日午前、神戸・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・吉田敦史)

 藤井の先手番で始まった第3局、注目の戦型は本シリーズ初の相矢倉となった。

 今期の王位戦7番勝負は第1局が角換わり、第2局は相掛かりの戦いだった。第3局は藤井が初手7六歩と角道を開け、木村の8四歩(2手目)を見て6八銀(3手目)と矢倉を目指す。木村の4二銀(8手目)で相矢倉の戦型がはっきりし、その後は両者着々と駒組みを進めた。

 11分の少考で指された藤井の7九角(19手目)が、早囲いを目指しながら相手の出方をうかがう用意の一手。副立会人の都成竜馬六段(30)は「今後は手広い展開が予想される」として「研究勝負というより力勝負を楽しめる一局になりそう」と話した。(井原尚基)

【中継サイト】将棋・王位戦

     ◇     ◇

【記事特集リンク】第61期王位戦

総合の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 9℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ