総合 総合 sougou

  • 印刷
立会人の淡路仁茂九段(左)に封じ手が入った封筒を渡す木村一基王位(右)。中央は藤井聡太棋聖=4日午後、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・斎藤雅志)
拡大
立会人の淡路仁茂九段(左)に封じ手が入った封筒を渡す木村一基王位(右)。中央は藤井聡太棋聖=4日午後、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・斎藤雅志)

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第3局が4日午前9時から神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で指され、午後6時13分、後手番の木村王位が46手目を封じて1日目の対局を終えた。

 藤井が棋聖獲得後に初めて臨むタイトル戦として、注目を集める第3局。藤井が2連勝しており、木村が1勝を挙げて巻き返すか、藤井が3連勝で最年少二冠に王手をかけるか、正念場の一局となった。

 戦型は今シリーズ初の相矢倉に。かつて「将棋の純文学」とも評された戦型らしく、1日目はじりじりとした難解な探り合いが続いた。

 2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。(井原尚基)

【中継サイト】将棋・王位戦

     ◇     ◇

【記事特集リンク】第61期王位戦

総合の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ