総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
木村一基王位(左)を破り、二冠目のタイトル奪取に王手をかけた藤井聡太棋聖=5日夜、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・鈴木雅之)
拡大
木村一基王位(左)を破り、二冠目のタイトル奪取に王手をかけた藤井聡太棋聖=5日夜、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・鈴木雅之)
木村一基王位(右)を破り、二冠目の王位奪取に王手をかけた藤井聡太棋聖=5日夜、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・鈴木雅之)
拡大
木村一基王位(右)を破り、二冠目の王位奪取に王手をかけた藤井聡太棋聖=5日夜、神戸市北区有馬町、旅館「中の坊瑞苑」(撮影・鈴木雅之)
初日の棋譜を再現する藤井聡太棋聖(左)と木村一基王位=5日午前8時54分、神戸市北区有馬町の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)
拡大
初日の棋譜を再現する藤井聡太棋聖(左)と木村一基王位=5日午前8時54分、神戸市北区有馬町の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第3局は5日、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で指し継がれ、午後7時22分、先手番の藤井が149手までで勝利。シリーズ通算3勝0敗で、王位奪取まであと1勝とし、羽生善治九段(49)の21歳11カ月を大きく上回る史上最年少の二冠に王手をかけた。

 持ち時間各8時間のうち、残り時間は藤井2分、木村1分。第4局は福岡市の「大濠公園能楽堂」で19、20日に指される。

 藤井の攻め、木村の受けという棋風通りの戦いとなった本局は、2日目に入って藤井が徐々に優勢に。木村も一時は好機をつかんだかと思われたが、最後は藤井が的確に寄せた。(井原尚基)

【藤井聡太棋聖の話】4五桂(83手目)から5三桂成(85手目)と手順に桂馬がさばけたが、3四歩(87手目)がやり過ぎだった。2一銀打(121手目)に対し、2二玉(122手目)と取られてから2三玉(124手目)とされて負けにしてしまったが、4九飛(141手目)と回って好転した。

【木村一基王位の話】2四歩(41手目)から歩を交換されて損をしたなと思っていた。5九角(63手目)と引いた相手の構想が秀逸だった。攻められっぱなしになったが、諦めてはいけないと思って6二銀(90手目)とした。終盤にチャンスがあったとしたら残念だったと思う。

総合の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ