総合 総合 sougou

  • 印刷
店を再開する鶴谷哲也さん(右)と、タッグを組むナカバヤシの前川希仁さん=姫路市内
拡大
店を再開する鶴谷哲也さん(右)と、タッグを組むナカバヤシの前川希仁さん=姫路市内
「食べられる写真」で飾り付けられたケーキ。精細さが際立つ
拡大
「食べられる写真」で飾り付けられたケーキ。精細さが際立つ
「食べられる写真」で飾り付けられたケーキ。精細さが際立つ
拡大
「食べられる写真」で飾り付けられたケーキ。精細さが際立つ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いったんは廃業を決めた兵庫県姫路市の洋菓子店が、再出発することになった。支援の手を差し伸べたのは、写真アルバムの大手メーカー。畑違いの企業が救世主となった背景には、町のケーキ店が持つ“食べられる写真”の技術があった。(佐伯竜一)

 同市出身の鶴谷哲也さん(35)が営む「鶴谷洋菓子店」。姫路駅近くの繁華街の一角で、2016年に店を開いた。厳選素材を使ったケーキやエクレア、シュークリーム。近所の親子連れらが立ち寄り、人気を集めた。

 今年初めごろまでは順調に売り上げを伸ばしていた。しかし、新型コロナが直撃。客足が落ち、7人いた従業員には辞めてもらい、予約販売に絞った。4月以降の売り上げは7割減となった。並行して手掛けてきた仕出しも注文がやみ、日銭が入らなくなった。

 当時の手元資金は約500万円。持続化給付金も受け取ったが、家賃や材料などの経費で半年もたたないうちに消えてしまう。

 「売り上げが下がる見通しでは難しい」と金融機関には融資を断られた。商売仲間は次々、店をたたんでいく。妻子を抱え、「これ以上もたない」。長年修業をして構えた念願の店だったが覚悟を決め、別の仕事を探し始めた。

    ◆

 これに先立つ2月、アルバムの大手メーカー、ナカバヤシ(大阪市)の営業マンが店を訪ねていた。誕生日ケーキなどに子どもの写真を食用インクで印刷する高い技術に、同社の前川希仁さん(38)が着目。写真保存アプリと連動させる構想が浮かび、連携することで合意していた。

 「店を続けられなくなりました」

 緊急事態宣言発令中の5月、鶴谷さんから連絡があった。前川さんらはすぐに社内で話し合った。「鶴谷さんのケーキには家族層のファンが多く、なくすのは惜しい」「一緒にやれないか」。支援の枠組みを練った。

 7月、鶴谷さんは同社に入社。新設する食品関連の事業部に籍を置くとともに、店を移転して再開することになった。

 移転先は、JR姫路駅から北西約4キロにある姫路市田寺3の空き店舗。同社が資金を出して改装し、同じ店名で8月下旬にオープンする。原則予約販売で当面は鶴谷さんが一人で切り盛りする。

 「ケーキもアルバムも子育て世代の需要が多く、相乗効果を期待できそう」と前川さん。鶴谷さんは「まさかと思う形で店が残った。従業員には申し訳なかったが、お客さんにも『いつ再開するの?』と声を掛けてもらい力になった。丁寧な仕事をして、ファンを増やしたい」と意気込む。

 鶴谷洋菓子店TEL079・262・9653(8月中旬ごろに開通)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ