総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
薄暗い木陰をともしているかのように咲くキレンゲショウマ=神戸市灘区、六甲高山植物園
拡大
薄暗い木陰をともしているかのように咲くキレンゲショウマ=神戸市灘区、六甲高山植物園

 神戸市灘区六甲山町の六甲高山植物園で、キレンゲショウマの花が見ごろを迎えている。ブナの原生林内など、山深い場所で育つ希少な品種。緑陰の下、黄色いランプのような花が山上の風に揺れる姿が、連日の猛暑をひととき忘れさせてくれる。

 アジサイ科の多年草で、夏でも涼しい木陰などを好む。徳島県最高峰の剣山(1955メートル)などに分布し、宮尾登美子さんの小説「天涯の花」に登場したことで有名になった。

 数十年前から育てている同園では、約3千株まで増えた。8月下旬ごろまで長さ4センチほどの花が順番に咲くといい、同園は「涼しい山上で、涼しげな姿を目でも楽しんでもらえれば」としている。8月は20、27日が休園。午前10時~午後5時。中学生以上700円。同園TEL078・891・1247

(中西幸大)

総合の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ