総合 総合 sougou

  • 印刷
路面を冷やすため、水をまきながら走る散水車=神戸市中央区三宮町3
拡大
路面を冷やすため、水をまきながら走る散水車=神戸市中央区三宮町3
路面を冷やすため、水をまきながら走る散水車。右は温度の変化を記録する神戸大の学生=神戸市中央区三宮町1
拡大
路面を冷やすため、水をまきながら走る散水車。右は温度の変化を記録する神戸大の学生=神戸市中央区三宮町1
散水車が通った後の路面温度の変化を記録する神戸大大学院生=神戸市中央区三宮町1
拡大
散水車が通った後の路面温度の変化を記録する神戸大大学院生=神戸市中央区三宮町1

 街を冷やせ! 神戸市は異常高温対策として、散水車で都心部の車道に水をまく新たな取り組みを始めた。7月下旬から約2カ月間、オフィスや商店が立ち並ぶ旧居留地(同市中央区)を走り回り、効果を検証する。1日の放水量は約32トン。市によると、マラソン大会前に路面温度を下げるため水をまく事例はあるが、長期にわたって大量に散水し続けるのは全国的にも珍しいという。

 毎夏の記録的な暑さを受けて、市は屋外の公共空間での対策を強化。昨年はほとんど日陰ができない交差点で、ミストシャワーや日よけを付けた休憩ベンチを置いた。

 “散水車作戦”は神戸大大学院工学研究科と連携。2台の車両が雨の日を除いて毎日午前と午後に運行し、一部の歩道では手作業による打ち水も行う。同大の学生が歩道など周辺の温度を計測。データ化して検証する。さらに、路面の温度変化をウェブサイトで可視化する実証実験も神戸高専(同市西区)と行う。

 今夏は新型コロナウイルスの感染再拡大もあり、市は病院などの負担を減らすため、例年以上に熱中症患者の発生を抑えたい考え。市は「対策として考え得ることは全てやりたい。散水の結果を、道路の形状変更など今後の施策に生かしていきたい」と話す。(初鹿野俊)

総合の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ