総合 総合 sougou

  • 印刷
井戸敏三知事(右)に防護服を寄贈する中道高司理事(中央)ら=兵庫県庁
拡大
井戸敏三知事(右)に防護服を寄贈する中道高司理事(中央)ら=兵庫県庁

 火葬場での新型コロナウイルス感染防止に役立ててもらおうと、一般社団法人「全国環境マネジメント協会」が17日、兵庫県に防護服150着を贈った。

 同協会は、火葬場で発生する「残骨灰」の適正な処理を研究、指導する団体で、寺院や関係企業などでつくる。

 この日は、同協会の中道高司理事が県庁に井戸敏三知事を表敬。寄贈を受けた井戸知事は「貴重な支援。現場作業に活用させていただきたい」と感謝した。

 県は感染状況に応じ、火葬場がある市町など35団体に配布。新型コロナ感染者の遺体は、専用の「納体袋」に入れられていれば防護服は不要だが、納体袋が破れた場合などに防護服を活用するという。(藤井伸哉)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ