総合 総合 sougou

  • 印刷
豊岡演劇祭で上演する演目の稽古に励む劇団「青年団」の役者ら=豊岡市日高町日置
拡大
豊岡演劇祭で上演する演目の稽古に励む劇団「青年団」の役者ら=豊岡市日高町日置
豊岡演劇祭の拠点となる「フェスティバルセンター」事務所内=豊岡市日高町日置
拡大
豊岡演劇祭の拠点となる「フェスティバルセンター」事務所内=豊岡市日高町日置

 国際的に活躍する劇団など約30団体が公演する「豊岡演劇祭」が9~22日、兵庫県豊岡市内各地で開かれる。新型コロナウイルス感染症対策として事前にPCR検査を受けてから市内入りした劇団が稽古を始め、スタッフは会場整備を進めている。(石川 翠)

 同市に昨秋移住し、劇団「青年団」を主宰する劇作家平田オリザさんがフェスティバルディレクター。期間中、公式プログラムの9団体と周辺会場のフリンジ演目で参加する23団体が約30会場で公演する。座席数は最大収容人数の半数以下に抑えているため、観客は全公演合わせて3500人程度。完売した演目も多いが、一部には残席がある。

 今春、JR江原駅近くにオープンした「江原河畔劇場」では連日、青年団が稽古。受付や案内など拠点となる駅前のフェスティバルセンターでは、スタッフが予約の処理や各団体との最終調整などを行っている。

 公募制のフリンジプログラムには、上演の場を失った若手の劇団など全国から65団体が応募。神鍋高原のスキー場前のグラウンドで屋外公演をする「シアター・アパートメント・コンプレックス・リビドー」(千葉県)は今月1日から民宿に宿泊して準備している。

 演出家岩沢哲野さん(30)は「来る前は少し不安な気持ちがあったが、地元の人が野菜をくれるなど温かく接してくれてありがたい。リラックスした気持ちで稽古に励めている」と話す。

 演劇界の芥川賞といわれる岸田国士戯曲賞を今年受けた市原佐都子さんのほか、過去に受賞している平田さん、岩井秀人さん、前田司郎さんの作品も上演される。14日にはこの4人と作家柳美里さんによるトークイベントも開催する。

 策定した感染症対策のガイドラインでは、来場者の検温や会場の消毒のほか、出演アーティストには観客との交流も避けてもらい、来場者には出演者への贈り物を控えるよう呼び掛ける。総合プロデューサーの河村竜也さん(40)は「安全安心を優先に緊張感を持ちながらも、演劇と豊岡のまちを楽しんでもらえるようにしたい」と話している。

 フェスティバルセンターTEL050・8880・6520(午前9時~午後6時)

     ◇

 神戸新聞は開催期間中の市内の様子などを紹介する動画を配信予定。

     ◇

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ