総合 総合 sougou

  • 印刷
東遊園地に仮移転している「こうべ花時計」=神戸市中央区加納町6
拡大
東遊園地に仮移転している「こうべ花時計」=神戸市中央区加納町6

 神戸市役所2、3号館(同市中央区加納町6)の建て替えに伴い、約500メートル南の東遊園地に仮移転している「こうべ花時計」について、神戸市は再移転はせず、恒久的に設置する方針を固めた。

 花時計は文字盤の直径6メートル、高さ2・25メートル。1957年、市役所本館(現在の2号館)の開庁に合わせ、国内初の花時計として、その北側に整備された。3号館の解体で、屋上の冷却塔を一時的に設置するため撤去され、2019年3月、東遊園地南側エリアへの仮移転が完了した。

 最終的な移転場所について、市は元の場所に戻す案などを内部で検討したが、スペースの確保が難しかったという。市が4月に実施したウェブアンケートでは、現在地に設置し続けることについて、千件近い回答のうち好意的な意見が約6割を占めた。市が今月策定する東遊園地再整備基本設計でも、「花時計を恒久的な施設とする」と盛り込む方針。

 東遊園地南側では来年度、建築家の安藤忠雄さん(79)による「こどものための図書館(仮称)」が建設され、「税関前歩道橋」も22年度に新しく架け替える予定。(長谷部崇)

総合の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ