総合 総合 sougou

  • 印刷
黒沢清監督
拡大
黒沢清監督

 「ベネチアで審査員のみなさんに見てもらっただけでもラッキー。その先、賞となると、それは時の運」。自宅に受賞の報が届いたのが13日未明。午後、オンライン会見で旧知の記者に囲まれ、ほっとした表情を見せた。

 黒沢明、溝口健二、北野武ら世界的巨匠が栄誉に輝いてきたベネチア。その列にもう1人の「クロサワ」も名を連ね、「世界と接点ができたかも」。

 受賞作「スパイの妻」は初めて手掛けた歴史ドラマ。太平洋戦争直前、国家機密を知ってしまった男性と妻の物語で、「スパイという設定で社会との拮抗が描けると思った」。

 出身地の神戸市を舞台にしたのも初めてで、垂水区の旧グッゲンハイム邸を物語の要となる夫婦の自宅に設定。「戦前の生活が想像できる。こんな建物が日本にまだ残っていたとは」。結果的に、「神戸でなければ成立しない作品となった」と振り返る。

 六甲中学・高校に通いながら、片っ端から映画を見た。立教大学で映画サークルに入り8ミリで映画を撮り始めた。そこからは周防正行、塩田明彦、青山真治ら、その後、映画界で名を成す俊英たちが巣立っていった。

 今回の受賞については「スタッフと俳優の力が最高のかたちで組み合わさった結果」と分析する。

 コロナ禍で製作側も興行側もさまざまな制約を受けているが、「映画は何度も危機を乗り越えてきた。その可能性は無限なのだと、この年になって実感している」。65歳。(片岡達美)

総合の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ