総合 総合 sougou

  • 印刷
停電のため信号機が停止した交差点。警察官が交通整理に立っていた=16日午後4時29分、佐用町佐用(撮影・勝浦美香)
拡大
停電のため信号機が停止した交差点。警察官が交通整理に立っていた=16日午後4時29分、佐用町佐用(撮影・勝浦美香)

 16日午後3時半ごろ、兵庫県の姫路・西播磨地域で約10万世帯が停電した。たつの市や宍粟市、相生市、兵庫県太子町で各1万世帯を超えるなど5市3町に及び、約1時間10分後に復旧した。関西電力送配電によると、西播変電所(相生市)での作業ミスが原因という。

 停電があったのは、たつの市=約3万3570世帯▽宍粟市=約2万590世帯▽相生市=約1万4200世帯▽太子町=約1万2050世帯-など。

 同社によると、西播変電所では当時、電線の取り換え作業などをしていた。作業終了後、安全対策の装置を取り外すのを担当者が忘れ、そのまま電気を通したためショートしたという。

 この停電により、官公庁や病院などは非常用電源で対応し、信号機が動かなくなった交差点では警察官が誘導に当たった。各市町などへの取材では、目立ったトラブルはなかった。

総合の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ