総合 総合 sougou

  • 印刷
感染予防策とグループワークとの両立について話し合うからと幼稚園、唐櫃小、唐櫃中学校の教員ら=神戸市北区唐櫃台4
感染予防策とグループワークとの両立について話し合うからと幼稚園、唐櫃小、唐櫃中学校の教員ら=神戸市北区唐櫃台4

 新型コロナウイルスの収束が見えない中、兵庫県内の学校現場で「ウィズコロナ」を前提に効果的な学習法を考える動きが活発になっている。神戸市北区の市立唐櫃(からと)中学校は今夏、同じ校区にある唐櫃小、からと幼稚園と合同で研修会を開き、教員ら約40人が参加。「3密」を避けるなど感染予防策を取りつつ、新学習指導要領が重視する子ども同士のグループワークなどを進める方法について意見を交わした。(井上 駿)

 新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」を柱の一つに掲げ、複数で一緒に取り組むグループワークなどを推進。しかし、新型コロナ感染予防の観点では「密」になるような学び方は制限されており、両立が課題になっている。

総合の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ