総合 総合 sougou

  • 印刷
医療事故について説明する兵庫県病院局の担当者=23日午後、兵庫県庁
拡大
医療事故について説明する兵庫県病院局の担当者=23日午後、兵庫県庁
兵庫県立こども病院=神戸市中央区
拡大
兵庫県立こども病院=神戸市中央区

 兵庫県は23日、県立こども病院(神戸市中央区)で、入院中だった小麦アレルギーがある6歳未満の男児に誤って小麦粉入りの蒸しパンを提供し、男児の血圧が低下する医療事故があった、と発表した。男児は一時、集中治療室(ICU)で治療を受けた。現在は回復し退院しているという。

 県病院局によると、男児は急性心筋炎で入院。7月16日にアレルギー除去のおやつとしてゼリーを提供予定だったが、委託業者が指示を見落とし、蒸しパンに男児の名前を書いたシールを貼って納入。病院の栄養士と看護師は、シールが貼ってあったことなどから除去食と思い込んだという。

 男児は血圧低下のほか、全身のかゆみや腹痛などを訴え、ICUで治療を受けた。2日後に一般病棟に移り、7月31日に退院した。

 病院側は男児の家族に謝罪。再発防止策として、業者や栄養士らの間で対応が必要な患者の情報確認を強化する。(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ