総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県警察本部=神戸市中央区
拡大
兵庫県警察本部=神戸市中央区

 兵庫県警は25日、8月末に酒気帯び運転の疑いで逮捕された機動隊員の巡査(24)を懲戒免職処分とした。同巡査は逮捕直前、車を電柱にぶつける事故を起こしていた。

 県警によると巡査は8月25日午後8時ごろ、知人と食事をするため、神戸市須磨区の寮から同市長田区までマイカーを運転し、さらに同僚と合流するため車で同市須磨区へ。一晩で計5軒の居酒屋やスナックで飲酒したという。

 その後同僚に促され、一度はタクシーで寮に帰ったが、再び外出し、タクシーでマイカーを止めてあるコインパーキングまで移動。そこから自分で運転し、26日午前3時20分ごろ、約4キロ先の同市兵庫区荒田町2で事故を起こした。当時、基準値を超える呼気1リットル当たり0・55ミリグラムのアルコールが検出された。

 巡査は調べに「車を置いたままにしておくと駐車料金がかかる。後日取りに行くのも面倒だった」と説明しているという。

 県警の蓮井賢一監察官室長は「警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した。県民の皆さまには深くおわび申し上げる。職務倫理の教養を徹底し、信頼確保に一層努める」とした。

総合の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ