総合 総合 sougou

  • 印刷
接種開始日にインフルエンザワクチンの接種を受ける高齢者=1日午前、神戸市長田区庄山町1、いたやどクリニック
拡大
接種開始日にインフルエンザワクチンの接種を受ける高齢者=1日午前、神戸市長田区庄山町1、いたやどクリニック

 65歳以上の人などへのインフルエンザワクチンの優先接種が1日、兵庫県内でも始まった。症状だけでは見分けがつきにくい新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、今季は例年より接種希望者が増えるとみられ、初日から多くの高齢者たちが接種を受けた。

 1日から優先接種を受けられるのは、65歳以上の高齢者と、60~64歳で心臓や呼吸器の機能に障害がある人。優先対象者以外は10月26日以降となるが、医療従事者や持病のある人、妊婦、生後6カ月から小学校2年生の希望者が円滑に接種できるよう、厚生労働省は医療機関に求めている。

 この日、神戸市長田区庄山町1の「いたやどクリニック」には、午前9時の診療開始直後から接種希望者が次々と来院。診察を受けた後、ワクチンを注射されていた。同院では、例年より200人分多い1800人分を接種する予定という。

 持病の受診に合わせて接種を受けた、同区林山町の男性(82)は「毎年打っているが、こんなに早く打つのは初めて。今年の冬は熱を出したら怖いので、マスクと手洗いを徹底するようにします」と話していた。(霍見真一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ