総合 総合 sougou

  • 印刷
ハロウィーンの菓子をもらうため、山口組総本部に入っていく子どもら=2018年10月31日、神戸市灘区篠原本町4
拡大
ハロウィーンの菓子をもらうため、山口組総本部に入っていく子どもら=2018年10月31日、神戸市灘区篠原本町4

 兵庫県議会は5日、本会議を開き、暴力団員が18歳未満の子どもに金品を渡す行為などを禁じる改正暴力団排除(暴排)条例案を全会一致で可決した。26日に施行される。県公安委員会が組員や組代表者に行政命令を出すことが可能になり、違反した場合、罰則も科す。行政命令、罰則とも全国初の取り組みとなる。

 近年、ハロウィーンに合わせ、特定抗争指定暴力団山口組(神戸市灘区)の総本部敷地内で組員が地元の子どもらに菓子を配る行為が問題となっていた。また今年3月には、姫路市の男性を殺害したとして、暴力団員と複数の少年が殺人容疑で逮捕された。

 こうした背景から、子どもらが組員に親しみを覚えたり、組に加入して犯罪に巻き込まれたりしないよう、県警が条例改正の手続きを進めてきた。

 改正暴排条例では組員が、18歳未満の子どもに金品を渡すこと▽18歳未満を組事務所に出入りさせること▽支配下に置く目的で18歳未満に連絡すること-を禁じる。県公安委は、禁止行為をした組員に中止命令を出せる上、組代表者に再発防止命令を出すことも可能になる。命令に違反すれば、6月以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。

総合の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 20℃
  • 11℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ