総合 総合 sougou

  • 印刷
将太君が父と一緒に組み立てたバイク。父は新品をプレゼントするつもりだった(撮影・辰巳直之)
拡大
将太君が父と一緒に組み立てたバイク。父は新品をプレゼントするつもりだった(撮影・辰巳直之)

■自責の念

 堤将太君が住宅街で何者かに襲われ、死んでから、父の敏さん(61)、母の正子さん(63)は食事が全く喉を通らなくなった。

 近所の人が「差し入れ」としてごちそうをたくさん届けてくれた。ありがたい。心から感謝した。だが、敏さんが口にしたのは、数え切れない本数のたばこと水、胃薬だけだった。

 一日中、家にいた。頭の中を巡るのは、自責の念ばかりだった。

 〈どうしてあの時、外出する将太を止めなかったのか〉

    ■

 ボタン一つ、掛け方を変えるだけで、将太は事件に遭遇しなかった-という思いが父を苦しめた。

 直前の対応だけではない。「ああしておけば」との後悔は、半年、1年前までさかのぼった。

 将太君は大の野球好きだった。中学ではチームの中心選手として活躍した。高校は甲子園の出場経験もある神戸弘陵に進学した。

 だが、チームには兵庫県内各地、全国から集まった有望選手がいる。「卒業まで球拾いを覚悟してくれ」と言われ、あれだけ好きだった野球をあきらめてしまった。

 〈なんとか野球に打ち込めていたら、あの夜、友だちと会うこともなかったのでは…〉

 野球センスを買われ、軟式野球部からも勧誘されていた。だが、熱心に勧めてくれた監督が転勤し、話は立ち消えになった。

 ラグビー部にも誘われていた。ラグビーが好きだった父は「いいやん、やってみたら」と勧めたが、「ルールが分からん」とにべもなかった。

 細身で小柄だが、俊足だった。バックスで活躍する姿を見てみたかった。

 〈あいつは素直だから、もっと本気で勧めたら、挑戦したかもしれん…〉

 堂々巡り。朝からずっとリビングの床に座っていたことに、夜、帰宅した次女が声をかけるまで気づかないこともあった。

 事件後、堤家には考えられない数の人が訪れた。

 各社の記者、警察官、霊媒師を名乗る人物まで現れた。「霊視」で犯人の居所を探るらしい。怪しげな誘いには乗らなかった。

 各社の記者は顔を合わせるたびに「今の心境」を聞いてきた。

 息子がスポーツ大会で優勝したわけでもないのに、なぜ「心境」を聞きたがるのか。子を亡くした親の気持ちは「ただ悲しい」「どうにか生き返ってほしい」しかないのに。

 たまらず玄関に監視カメラを付けた。他人が怖かった。(西竹唯太朗)

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月27日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ