総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
阪急電鉄神戸三宮駅の2番ホームに取り付けられた可動式ホーム柵=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
阪急電鉄神戸三宮駅の2番ホームに取り付けられた可動式ホーム柵=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
阪急電鉄神戸三宮駅に取り付けられた可動式ホーム柵=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
阪急電鉄神戸三宮駅に取り付けられた可動式ホーム柵=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
阪急電鉄神戸三宮駅に設置された可動式ホーム柵の設備=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
阪急電鉄神戸三宮駅に設置された可動式ホーム柵の設備=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
阪急電鉄神戸三宮駅に設置された可動式ホーム柵の設備=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
阪急電鉄神戸三宮駅に設置された可動式ホーム柵の設備=10日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)

 利用客の転落事故や車両との接触事故を防ぐため、阪急電鉄神戸三宮駅(神戸市中央区)の2番ホームで10日から、「可動式ホーム柵」の使用が始まった。同社では十三駅(大阪市淀川区)に次いで2例目で、兵庫県内の阪急の駅では初めて。

 神戸三宮駅は1日平均の乗降客が約10万5千人(2019年)で、阪急では大阪梅田駅に次いで多い。阪急によると、神戸三宮駅では転落事故が年間数件発生しているといい、国、県、神戸市の補助を受けてホーム柵の工事を進めてきた。

 完成したホーム柵は、高さ約1・3メートルで、電車到着時に透明なドアが左右に開く。この日の始発から供用開始になり、神戸市中央区の女性(75)は「ホームが混雑の時、走っている子どもやフラフラしている人がいると、とても危ない。柵ができて安心」。同駅では21年2月までに、すべてのホームに取り付ける計画という。

 県内では、JR西日本が14年以降、ロープが上下する昇降式ホーム柵を、六甲道駅など在来線3駅に設置。阪神電気鉄道は21年春ごろ、神戸三宮駅に可動式ホーム柵を設置予定という。(中島摩子)

総合の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ