総合 総合 sougou

  • 印刷
青空を悠々と舞うコウノトリの群れ=10日午前、神戸市西区岩岡町(渡辺美郎さん撮影)
拡大
青空を悠々と舞うコウノトリの群れ=10日午前、神戸市西区岩岡町(渡辺美郎さん撮影)

 神戸市西区岩岡町の上空で10日、国の特別天然記念物コウノトリが10羽以上の群れで舞う姿を、野鳥写真家の渡辺美郎さん(56)=同市垂水区=が撮影した。

 渡辺さんは車で走行中に空で群れる様子を発見したが、当初は「数の多さからサギの群れと思った」。コウノトリは12羽いたといい、「青空を、気持ち良さそうに飛び交っていました」と振り返る。

 各地でコウノトリの見守りに関わる市民らの全国ネットワーク「日本コウノトリの会」(事務局・豊岡市城崎町)によると、この時期は若い個体が親鳥の元を離れ、連れ立って長距離を移動するという。

 「ただ、12羽は多い」と同会の担当者も驚き、「一斉に旋回しながら上昇気流を捉えて、高度を上げているところだったのでは」と話した。(鈴木雅之)

総合の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ