総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルス感染症対策本部会議後に記者会見した兵庫県の井戸敏三知事=兵庫県庁
拡大
新型コロナウイルス感染症対策本部会議後に記者会見した兵庫県の井戸敏三知事=兵庫県庁
兵庫県新型コロナ感染症対策本部会議であいさつする井戸敏三知事=神戸市中央区、兵庫県災害対策センター
拡大
兵庫県新型コロナ感染症対策本部会議であいさつする井戸敏三知事=神戸市中央区、兵庫県災害対策センター
兵庫県新型コロナ感染症対策本部会議であいさつする井戸敏三知事=神戸市中央区、兵庫県災害対策センター
拡大
兵庫県新型コロナ感染症対策本部会議であいさつする井戸敏三知事=神戸市中央区、兵庫県災害対策センター

 兵庫県は14日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染者が入院する病床を現在の663床(うち重症者用110床)から、300床(同50床)に半減すると決めた。

 新規感染者の過去1週間の1日平均が、1カ月半にわたって10人台でほぼ横ばいになるなど、ピーク時と比べ落ち着いていることを受けた判断。県が病床数を減らすのは初。入院後に軽症者らが移る宿泊療養施設も700室から400室に減らす。一方、感染者の自宅療養は、原則的に避ける方針を堅持した。

 県は感染拡大に伴い病床数を増やし、7月下旬以降は約650床を維持していた。10月12日時点の入院患者は106人(うち重症15人)で、療養施設利用は28人。

 井戸敏三知事は会議後の会見で、「現在の傾向では感染者が急増することは考えにくい。病床の運用は減らすが、(感染者が増えれば)1週間以内で戻せる」と縮小理由を述べた。

 厚生労働省は、高齢者や持病のある人らを除く軽症、無症状者に原則としてホテルや自宅での療養を徹底する方針だが、兵庫県は会議で「自宅療養ゼロ」の維持を確認。一部の無症状者は医師の判断で24日以降、入院を経ない宿泊療養を認めることにするが、「自宅療養は家族への感染が懸念される」(井戸知事)として、独自の判断を示した。

 インフルエンザとコロナの同時流行に備え、かかりつけ医など身近な医療機関が検査や診療を担う「診療・検査医療機関」は、10月下旬の指定に向け、調整を急ぐ。(藤井伸哉)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ