総合 総合 sougou

  • 印刷
アンディ・ウォーホルによるポップアートの名作「マリリン・モンロー」を下敷きに、題材をスーパーモデルのケイト・モスに置き換えたバンクシー作品。消費社会へのアンチテーゼか?=ATCギャラリー
拡大
アンディ・ウォーホルによるポップアートの名作「マリリン・モンロー」を下敷きに、題材をスーパーモデルのケイト・モスに置き換えたバンクシー作品。消費社会へのアンチテーゼか?=ATCギャラリー
パレスチナ問題をテーマにした版画「ラブ・イズ・イン・ジ・エア」=ATCギャラリー
拡大
パレスチナ問題をテーマにした版画「ラブ・イズ・イン・ジ・エア」=ATCギャラリー
代表作「風船と少女(ガール・ウィズ・バルーン)」を版画にした作品。風船は「自由」や「希望」の象徴=ATCギャラリー
拡大
代表作「風船と少女(ガール・ウィズ・バルーン)」を版画にした作品。風船は「自由」や「希望」の象徴=ATCギャラリー
リボンを付けた戦闘ヘリや爆弾を抱く少女などに、反戦メッセージを込めた作品=ATCギャラリー
拡大
リボンを付けた戦闘ヘリや爆弾を抱く少女などに、反戦メッセージを込めた作品=ATCギャラリー

 英国を拠点に活動する正体不明の路上芸術家バンクシー。欧米各国で、鋭い風刺性やユーモアをたたえた作品を発表し、世界で最も注目されるアーティストの一人になった人物の魅力に迫る「バンクシー展 天才か反逆者か」が、大阪・南港のATCギャラリーで催されている。多くの作品に通底するのは、戦争や暴力、大量消費、監視など、現代社会が抱える課題や矛盾への批判や皮肉に満ちたメッセージだ。(堀井正純)

 バンクシーの主戦場はストリート。「グラフィティー」と呼ばれる落書きアートが出発点だ。出身は英国西部の港町ブリストルとされ、故郷やロンドン、パリ、ニューヨークなど、各地の地下鉄やビルの壁に、ゲリラ的に絵を描いてきた。

 無断の落書きはもちろん非合法。ミステリアスな覆面作家なのは、それゆえでもある。初期はスプレーで直接、壁にペイントしていたが、代表作「風船と少女」やネズミをあしらった連作など、好んで使うのは「ステンシル」の手法。モチーフをかたどった型紙を壁にあて、スプレーを吹き付ける。短時間で現場を離れられる利点がある。

 一方、工房で版画やオブジェも制作。近年ではディズニーランドをパロディーにしたような、“悪夢の国”が題材のテーマパークを期間限定でオープンさせるなど、大規模なアートプロジェクトも披露している。

 本展では、各地の個人コレクターらの協力で、版画やチャリティーなどのため制作されたオリジナル作品を中心に約70点を出品。「消費」「政治」「監視カメラ」など12の主題別に並べる。壁面の絵など、移動困難な作品や過去のアートプロジェクトを写真や映像などで紹介する一画もある。

 作品の絵柄はシンプルだが機知に富み、印象深い。例えば、少女が爆弾を抱きしめた作品「ボム・ラブ」。少年と少女2人が、防弾服をまとい、楽しげに走る「ポリス・キッズ」。込められた思いは、前者が戦争や兵器、後者は銃社会や犯罪が多発する世の中への抗議や疑問だろうか。

 顔を隠した若者が、火炎瓶の代わりに花束を投げる「ラブ・イズ・イン・ジ・エア」はバンクシーの姿勢を明快に示す。同様の絵柄の壁画をパレスチナで制作しており、直接的なモチーフはイスラエルとパレスチナの紛争。しかし、花束を美の象徴と捉えれば、暴力を拒絶し、アートや美の力によってこの世界を変えるのだ、との意思表明とも受け取れる。絵の男はバンクシー自身ともいえるだろう。

 彼は「アート・テロリスト」と呼ばれることもあり、作品によって権威・権力に立ち向かい、現状へ「NO」を突きつける。「1970年代のバンド、セックス・ピストルズやザ・クラッシュに似た匂いを感じる」と美術ライターの小吹隆文さん。なるほど、覆面作家の根底にあるのは、反体制的なパンクロック精神かもしれない。

 プロデューサーのアレクサンダー・ナチケビア氏は本展について、「世界には新型コロナなどさまざまな問題があるが、アートはそれらを乗り越える橋渡しの役割を果たし、人々を一つにまとめてくれるということを理解してもらえるだろう」と話している。

 来年1月17日まで。12月31日、1月1日休館。事前予約制。会場は写真撮影可能。平日1800円ほか。展覧会についてはメール(2020banksy-osaka@r-career.co.jp)で。場所などの問い合わせは、ATCギャラリーTEL06・6615・5230

総合の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ