総合 総合 sougou

  • 印刷
柔道部員2人に対する体罰が行われた武道場=13日午後、宝塚市長尾町、宝塚市立長尾中学校
拡大
柔道部員2人に対する体罰が行われた武道場=13日午後、宝塚市長尾町、宝塚市立長尾中学校

 兵庫県宝塚市立長尾中学校の柔道部顧問で同校教諭の男(50)=傷害容疑で逮捕=が1年生の男子部員2人に柔道技で重軽傷を負わせた事件で、同市教育委員会が現場の武道場に居合わせた40代の男性副顧問について、処分するよう県教育委員会に求めたことが17日、分かった。副顧問は暴行を傍観し、その後も状況を学校側に伝えていなかったという。

 処分権限は県教育委員会にあるため、同市教委は、逮捕された教諭の男と副顧問の処分を求める報告を県教委に提出している。

 副顧問は10月1日に行われた同市教委の聴取に「いきすぎると体罰になる。まずいと思った」「すごいけんまくだった」と答えていたが、「頭の中が真っ白になった」ため、制止できなかったと話しているという。

 暴行を目撃した後も副顧問は暴行の様子を学校に報告しなかった。学校が事態を最初に把握したのは、事件当日の9月25日夕、背骨を骨折した部員の保護者から連絡を受けてからだった。直後に同校管理職から聴取を受けた際、逮捕された教諭の男は「いつもよりきつめの指導をした」とし、副顧問も「いつもより厳しめの指導だった」と答えただけだった。

 競技経験のない副顧問はほとんど部活に関わっていなかったという。事件当日、逮捕された教諭の男から「部のアイスキャンディーがなくなった件を話すので一緒にきてほしい」と言われ、武道場に同行したという。

 副顧問は被害部員の保護者との面会時に「情けない気持ちです」などと話したという。市教委は「再発防止のため、年配教員の言葉に従うのではなく、おかしいことを指摘できる組織にしなければならない」としている。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ