総合 総合 sougou

  • 印刷
出身地・神戸での舞台あいさつでベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞の喜びなどを語る黒沢清監督=18日午後、神戸市中央区御幸通8、神戸国際松竹(撮影・秋山亮太)
拡大
出身地・神戸での舞台あいさつでベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞の喜びなどを語る黒沢清監督=18日午後、神戸市中央区御幸通8、神戸国際松竹(撮影・秋山亮太)

 世界三大映画祭の一つ「ベネチア国際映画祭」で銀獅子賞(監督賞)を受けた「スパイの妻」の公開3日目となる18日、黒沢清監督が受賞後初めて出身地・神戸に凱旋し、舞台あいさつした。本作の舞台も神戸で、市内各所でロケが行われた。「神戸で撮影しなければ成立しなかった作品。多くの地元の方に見てほしい」と感謝の気持ちを伝えた。

 「スパイの妻」は太平洋戦争開戦前の神戸を舞台に、偶然、国家ぐるみの犯罪行為を知ってしまった実業家(高橋一生さん)と妻(蒼井優さん)がそのことを世に知らしめようとする物語。二人の住まいとして旧グッゲンハイム邸(神戸市垂水区)が撮影に使われたほか、旧加藤海運本社ビル(同兵庫区)、神戸税関(同中央区)なども登場する。

 この日、黒沢監督は午前10時半からの上映終了後に登壇。待ちわびた124人のファンが拍手で出迎え、祝福した。

 この日、神戸市からも芸術文化特別賞を受けた黒沢監督は「昨年の撮影で本当にお世話になり、こちらから感謝状を贈りたいくらい。今日、見てくださった神戸の方にも心からありがとうと申し上げます」と語った。(片岡達美)

総合の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ