総合 総合 sougou

  • 印刷
井戸敏三知事
拡大
井戸敏三知事

 兵庫県の井戸敏三知事は19日、知事と県議会議長の公用車をトヨタの最高級車「センチュリー」に変更したことについて、県議会決算特別委員会で、車種選定の妥当性を改めて訴えた。「車種や価格の比較ばかりが強調され、県の実情に応じた選定の考え方などが正確に報道されていない」などと述べた。

 県は昨年8月、同社の高級車ブランド「レクサス」からセンチュリーに車種を変更。知事、議長用計2台で7年間のリース契約の総額が約4200万円になり、従前7年間との比較で消費増税分を含め約1400万円負担が増えた。

 井戸知事は、「県土が広く高低差がある山道を走行する機会が多く、馬力があって故障しない、信頼性の高い走行性」を第1条件とし、安全性、長距離移動での居住性、環境性能の4点を選定理由に挙げた。

 また、更新前のレクサスは排気量が5千ccだったが更新時に3500ccの車種しか選べなかったことや、センチュリーにハイブリッドの車種が追加されたことも理由の一つとした。

 維新の会の門隆志議員(宝塚市選出)への答弁。同日の決算特別委では決算関連議案を採決し、23件を認定した。(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ