総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
澄んだ青空とのコントラストが鮮やかな氷ノ山の紅葉(許可を得て小型無人機で撮影)=21日午前、養父市内
拡大
澄んだ青空とのコントラストが鮮やかな氷ノ山の紅葉(許可を得て小型無人機で撮影)=21日午前、養父市内

 兵庫県最高峰の氷ノ山(養父市、標高1510メートル)の山頂周辺でブナやカエデ、ナラなど広葉樹が鮮やかに色づき始めた。多くのハイカーらが雄大な景色を楽しんでいる。

 早朝から晴れ渡った21日午前、登山道「大段ケ平コース」から山頂を目指した。コース途中の避難小屋付近から小型無人機(ドローン)を飛行させると、眼下一面の山肌が紅葉し、パノラマの絶景が広がった。

 同市の観光協会によると、先週末から冷え込みが強まり、昨年に比べて1週間ほど色づきが早いという。中腹から麓にかけて順次色づき、11月上旬ごろまで楽しめる。同協会TEL079・663・1515

(大森 武、山崎 竜)

総合の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ