総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
自分たちでおこした火をストーブに移す児童ら=23日午前、神戸市立六甲山小学校
拡大
自分たちでおこした火をストーブに移す児童ら=23日午前、神戸市立六甲山小学校

 標高795メートルにある神戸市立六甲山小学校(同市灘区六甲山町)で23日午前、石造りのまきストーブに、児童がおこした火をともす恒例の「火入れ式」があった。

 式は毎年、朝霜が降りる頃とされる二十四節気の「霜降」に合わせて行われる。同校では、朝の気温が10度を下回ると、玄関ホールのストーブに火を付ける。

 式では、4~6年の児童33人が木の棒と板をこすり合わせる種火おこしに挑戦。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、児童たちの間隔を空けたほか、息を吹き掛けながら火をおこす代わりに、ボール用の空気入れを使用した。約10分で炎が燃え上がると歓声が上がり、火をトーチに移してストーブに点火した。

 6年生の男児(11)は「雨で湿気があったので、火おこしは勢いよく頑張った」と笑顔で話した。(辰巳直之)

総合の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ