総合 総合 sougou

  • 印刷
山陰海岸ジオパークの景観が楽しめるロングトレイルに挑戦する堀主知ロバートさん(左)ら=豊岡市竹野町切浜
拡大
山陰海岸ジオパークの景観が楽しめるロングトレイルに挑戦する堀主知ロバートさん(左)ら=豊岡市竹野町切浜
香美・但馬赤壁
拡大
香美・但馬赤壁
竹野・大浦湾
拡大
竹野・大浦湾
鳥取砂丘
拡大
鳥取砂丘
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 鳥取県から兵庫県の但馬地域を経て、京都府に至る「山陰海岸ジオパーク」で、地域を歩いて旅する「ロングトレイル」のコースが整備された。総延長は230・9キロと、全国で3番目の長さ。日本海側の3府県にまたがり、砂丘や漁港、奇岩などを眺めながら歩ける。新型コロナウイルスの影響でアウトドア活動が注目される中、山陰海岸ジオパーク推進協議会(事務局・兵庫県但馬県民局内)は新たな観光スタイルとしてPRする。(阿部江利)

 ロングトレイルは欧米が発祥とされ、米国の「アパラチアン・トレイル」など総延長3千キロを超える三大トレイルなどが知られる。山陰海岸では2015年、鳥取県側から本格的に整備が始まり、同協議会や自治体、観光団体などがトレイル協議会を設立。兵庫県の新温泉町や香美町、豊岡市にもコースが延長され、今春までに京都府内を含めて全コースが設定された。

 山陰海岸ジオパークトレイルの西端は鳥取市の青谷で、東端は京都府京丹後市の経ケ岬。海岸線も山道も備えたルートの高低差は332メートルあり、ジオパークの魅力である鳥取砂丘や多彩な海岸地形が楽しめる。

 ルートは自然歩道や県道、町道などをつなぎ、約230カ所の分岐点には10センチ四方の案内プレートが付く。部分的に歩けるように、全行程が3~20キロほどの27コースに分けられ、それぞれに「但馬と因幡の旧国境」「入り江の小さな漁村」といったテーマを設けた。所要時間や高低差、距離などを踏まえ、4段階の難易度も示した。

 9月には、兵庫県西宮市育ちという東京都の会社経営、堀主知(かずとも)ロバートさん(55)の呼び掛けで、全国の30~50代の男女8人が完走に挑んだ。19日に鳥取市を出発し、22日正午に終点に近い天橋立(京都府宮津市)に全員が集合できたという。

 堀さんらは当初、モロッコ・サハラ砂漠のサハラマラソン(約250キロ)への参加を予定したが、新型コロナの感染拡大で開催が延期された。「砂漠に行けなくて寂しいから砂丘に行かない?」とメンバーを誘ったという堀さん。「足の裏が泣きそうに痛かった」と振り返るが、行く先々で住民に声を掛けられ「皆さんがフレンドリーに迎えてくれた」と喜ぶ。

 但馬県民局の村尾久司・ジオパーク課長(53)は「景色や人々の暮らしぶりが変化し、温泉もある。健康にも良いので好きなところから歩いてみてほしい」とアピールする。

 コースの詳細は山陰海岸ジオパーク推進協議会のホームページで紹介している。

     ◇     ◇

■観光に、地域振興に/新コース各地に

 国内にはかねて熊野古道や遍路道など「歩く旅」の文化がある一方、健康や自然志向の高まりで、長い距離を歩くコースが各地に生まれている。

 2016年に設立された「日本ロングトレイル協会」(長野県小諸市)によると、ロングトレイルは、登山道や自然散策路、車道など、いろいろな道を歩きながら、地域の自然や歴史、文化を楽しむためにつくられた道を指す。観光や地域振興も目標の一つという。

 同協会は、信越(長野県)や高島(滋賀県)、十勝(北海道)といった地元団体でつくる協議会が前身。検討中も含めて26トレイルが参加する。

 国内最長は、青森県から福島県までの沿岸部、4県28市町村をつなぐ全長約1025キロの「みちのく潮風トレイル」。東日本大震災からの復興支援を掲げて整備された。山陰海岸ジオパークのトレイルは約231キロで、「みちのく-」と「広島湾岸」(約292キロ)に次ぐ長さだ。

 兵庫県内では、淡路島の洲本市にある千草竹原集落が4戸8人の集落を活性化しようと、市や大学と協力してコースづくりに取り組む。まずは炭焼き道を生かして約4・5キロのトレイルを整え、「ゆくゆくは集落を拠点に島を巡るコースを」と活動を続けている。

総合の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ