総合 総合 sougou

  • 印刷
蜃気楼によって、かなたに浮かび上がる多くの船=25日午前、神戸市垂水区平磯から(岡敦之さん提供)
拡大
蜃気楼によって、かなたに浮かび上がる多くの船=25日午前、神戸市垂水区平磯から(岡敦之さん提供)

 空飛ぶ大船団-。神戸市垂水区の海岸沿いから蜃気楼の一種「浮島現象」によって何隻もの船が浮かぶ様子を、特別支援学校教諭の岡敦之さん(44)=神戸市垂水区=が、25日午前に撮影した。

 浮島現象は海水が暖かく、大気が冷たいときに起きる。神戸地方気象台によると、同日朝の神戸の最低気温は10・9度で、今季最低となっていた。

 岡さんによると、撮影は25日午前8時40分ごろ。600ミリレンズを手に野鳥を撮影しようと訪れた際に遭遇したという。

 蜃気楼は東から南東方面にかけて、見渡す限り発生していたといい、岡さんは「こんなに広い範囲に出ているのは見たことがない。まるで船団が襲ってくるようだった」と驚いた様子で話した。(鈴木雅之)

総合の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ