総合 総合 sougou

  • 印刷
柳田が幼少期に蔵書を読みふけった場所の下階にあたる離れの客室=福崎町西田原
拡大
柳田が幼少期に蔵書を読みふけった場所の下階にあたる離れの客室=福崎町西田原
3面を巨大な本棚に囲まれた米蔵の客室=兵庫県福崎町西田原
拡大
3面を巨大な本棚に囲まれた米蔵の客室=兵庫県福崎町西田原
3面を巨大な本棚に囲まれた米蔵の客室=兵庫県福崎町西田原
拡大
3面を巨大な本棚に囲まれた米蔵の客室=兵庫県福崎町西田原

 兵庫県指定文化財で、日本民俗学の父・柳田国男が少年期に本を読みふけった逸話が残る「大庄屋三木家住宅」(同県福崎町)を改装したホテルが開業するのに先立ち、27日、報道関係者向けの内覧会が開かれた。約300年前の建物の趣を生かしながら、豊富な本をそろえた客室を公開。都道府県指定文化財をホテルとして活用するのは全国初で、11月1日にオープンする。

 「NIPPONIA(ニッポニア)播磨福崎 蔵書の館」。神戸新聞グループのまちづくり会社「PAGE(ペイジ)」(福崎町)が離れや蔵など6棟と隣接する大正建築の旧郵便局舎を改修し、小規模挙式を手掛ける「レック」(神戸市中央区)が運営する。

 内覧会にはテレビや雑誌、ウェブメディアの16社約20人が訪れた。三木家の客室は全5室で、各部屋には自然や建築、食、妖怪など多分野の良書が100冊ほど並ぶ。ゆったりと過ごせるよう、時計やテレビは置かない。柳田が11歳のときに蔵書を読みふけったとされる離れは、スイートルームとして最大6人が泊まれる。

 1泊2食付きで大人1人当たり税別2万円から。同ホテルTEL0120・293・958

(井上太郎)

総合の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ