総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は3日、南あわじ市の介護老人保健施設「ケアホーム南淡路」で、クラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。感染が確認されたのは入所者の80~90代以上の男女8人と、40代と60代の女性職員2人。感染者10人のうち、入所者の80代男性の死亡が3日、確認された。

 県によると、感染が分かった入所者8人は同じフロアで生活し、女性職員2人は、そのフロアを担当。60代の女性職員が10月29日に鼻水が出る症状があったため、11月1日に抗原検査を受けると陽性反応が出た。死亡した男性は10月30日に熱などの症状が出た。感染経路は調査中という。

 県は今後、同施設の入所者約90人と職員約70人を対象にPCR検査を実施する予定。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ