総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路市役所
拡大
姫路市役所

 兵庫県姫路市は17日、市内に住む男女12人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。うち1人は小学生で、ほかは20~70代という。市が確認した1日当たりの新規感染者が10人を超えるのは初めて。これまでの最多は9人だった。

 市によると、小学生は高浜小(同市飾磨区阿成鹿古)に通う女児で、14日に発熱。同居する30代男性の感染が16日に判明し、17日に女児の陽性も分かった。同小は18日から2日間、臨時休校する。濃厚接触者の有無は調査中という。

 また17日発表分のうち、60代男性は市水道局建設課の職員。水道工事業務を担当し、14日以降は出勤していない。市は同課の職員全20人にPCR検査を実施し、いずれも陰性だった。

 経路不明は9人で、残る3人は親族間や職場内での感染だった。症状としては中等症が2人となっている。

 市は既に感染を公表していた患者2人が死亡したことも発表した。市民の死者は計11人となった。

 会見した清元秀泰市長は「これから気温が下がると換気が不十分な密閉の場が増えるかもしれない。3密を避けるなど、節度ある感染対策を取ってほしい」と呼び掛けた。(田中宏樹)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(11月30日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ