総合 総合 sougou

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 兵庫県明石市の人口が、2020年国勢調査に基づく市の調査から、30万人を突破して過去最多となる見込みであることが20日、分かった。市制施行101年で悲願の「30万人」を達成。子育て世帯や子どもの転入が多く、同市は目玉とする支援施策が転入増に結び付いたとみる。泉房穂市長は「人口増による税収増や地域活性化といった好循環は続く」と胸を張る。

 市によると、前回15年の調査時の人口29万3409人より少なくとも6500人は増える見通し。中でも25~40歳の子育て世帯、5歳未満の子どもの増加が目立つという。

 市の推計人口は1999年、大型マンションなどが建設された影響で過去最多に。その後は減少傾向にあったが、2012年から再び増加基調に転じた。

 市は15年に策定した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」で「人口30万人」を目標に掲げ、全国屈指の子育て施策を次々と打ち出してきた。

 16年には、第2子以降の保育料を所得に関係なく完全無料化。子どもの医療費は06年、県内で初めて乳幼児を無料にしたのを皮切りに、小学生、中学生と範囲を広げていき、このほど高校3年生まで無料にする方針を固めた。中核市以上では全国初という。

 こうした思い切った政策や駅前の再開発事業などが人の動きを広く呼び込み、転入者が転出を上回るようになった。

 市によると来年度以降、人口増に伴い国からの交付税が少なくとも6億円程度増える見込みという。泉市長は「安定した財源を確保した上で、高校生まで医療費無料化といった支援策を打つ」と話している。(小西隆久)

総合の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ