総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県の井戸敏三知事
拡大
兵庫県の井戸敏三知事

 兵庫県が24日、県民に東京、大阪などとの不要不急の往来自粛を要請する一方、大阪府や大阪市は兵庫県との往来自粛を打ち出さなかった。同県の井戸敏三知事は「大阪から兵庫に来るよりも、兵庫から大阪に行く人が圧倒的に多いので、判断が分かれたのではないか」との認識を示した。

 井戸知事は県の対策本部会議後の会見で、「飲酒を伴う飲食店など感染リスクが高い場所は、大阪の方が圧倒的に多い。われわれとしては注意を呼び掛ける効果があると考えている」と説明した。大阪側には、往来自粛を要請することを事前に伝えたという。

 兵庫県は3月以降、大阪などとの往来自粛を複数回にわたって要請。国の緊急事態宣言解除後の7月にも、人口密集地や感染が拡大している地域に関し、不要不急の往来を控えるよう協力を呼び掛けた。

 大阪市の松井一郎市長は「往来によって感染拡大が起こっているというのは根拠がない」として、大阪では実施しない考えを示していた。(藤井伸哉)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ