総合 総合 sougou

  • 印刷
新聞協会賞を贈られる神戸新聞の井上駿記者=26日午前、神戸市中央区港島中町6、神戸ポートピアホテル(撮影・大森 武)
拡大
新聞協会賞を贈られる神戸新聞の井上駿記者=26日午前、神戸市中央区港島中町6、神戸ポートピアホテル(撮影・大森 武)

 日本新聞協会は26日、神戸市中央区で開いた第73回新聞大会で、2020年度の新聞協会賞の授賞式を行った。神戸新聞社の「教員間暴力のスクープと神戸の教育を巡る一連の報道」など6件が表彰された。

 神戸市立東須磨小学校で複数の教員が後輩教員に暴行や暴言を繰り返していたことを19年10月4日付朝刊で報じ、激辛カレーを食べさせるなどの動画を独自入手。背景や課題を探るため、「神戸の教育」をテーマにインタビューや連載などで多角的に報じた。

 同協会は「現在の教育が抱える普遍的な問題につなげた調査報道」と評した。

 取材班代表としてあいさつに立った編集局報道部の井上駿記者は「神戸の教育再生に取り組むべきだと思った。一連の報道は、取材班メンバーがそれぞれの人脈をたどり、断片的な情報を集める地道な作業。共に考え、共に悩む地方紙としての役割を、これからも果たしていきたい」と話した。

【新聞協会賞】

 日本放送協会(NHK)「『戦没者遺骨の取り違え公表せず』の一連のスクープ」▽神戸新聞社「教員間暴力のスクープと神戸の教育を巡る一連の報道」▽フジテレビジョン「コロナ重症病棟 医師たちの闘い」▽沖縄タイムス社「焼け落ちた沖縄の象徴」▽毎日新聞東京本社「『にほんでいきる』 外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道」▽中国新聞社「ヒロシマの空白 被爆75年」「ヒロシマの空白 被爆75年 街並み再現」

【新聞経営賞】

 熊本日日新聞社「小中学生新聞『くまTOMO』の登録会員とICTを活用した取り組み」

総合の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ