総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは違憲として、国に損害賠償を求めて神戸地裁に提訴した原告5人のうち、聴覚障害のある兵庫県在住の男性(81)が今月17日に亡くなったことが分かった。代理人弁護士が27日に明らかにした。男性は2018年9月、妻(80)とともに聴覚障害者として全国初の提訴をしていた。

 男性は29歳の時、母に病院へ連れて行かれ、何の説明もないまま不妊手術を受けさせられた。全日本ろうあ連盟による実態調査で旧法を知り、神戸地裁に訴えを起こした。

 弁護士によると、男性は今年の夏ごろ、がんの診断を受けて闘病していた。11日に容体が悪化して入院し、17日夜に県内の病院で亡くなったという。

 男性は今年7月、地裁であった口頭弁論で「人権を奪われた。国に謝ってほしい」と手話で訴えていた。弁護士は「旧法の理不尽な点を理路整然と訴えていた。その思いを裁判所に認めてもらえる瞬間を見ていてほしかった」と話した。

 訴訟は口頭弁論が続いており、次回は来年3月に予定されている。

総合の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ