総合 総合 sougou

  • 印刷
南方系コアラ。黒っぽく長い体毛が特徴。体も北方系に比べて一回り大きい個体が多い=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘
拡大
南方系コアラ。黒っぽく長い体毛が特徴。体も北方系に比べて一回り大きい個体が多い=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘
北方系コアラ。灰色で短めの体毛が特徴。南方系に比べて、小柄な個体が多い=神戸市灘区の王子動物園
拡大
北方系コアラ。灰色で短めの体毛が特徴。南方系に比べて、小柄な個体が多い=神戸市灘区の王子動物園

 全国7カ所の動物園で計約50匹が飼育されているコアラ。つぶらな瞳が愛くるしい人気者だが、その種別は北方系と南方系に分類されることをご存じだろうか。南方系を日本で唯一飼育するのが、農業公園「淡路ファームパーク・イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)だが、その希少性などから繁殖が進まず、今や“国内絶滅”の危機に。頼みのオーストラリアへも、新型コロナウイルスの余波で寄贈依頼ができずにいる。(西竹唯太朗)

 同園によると、南方系はビクトリア州と南オーストラリア州に生息。北方系より一回り大きく、色の濃い体毛が特徴という。種の保存のため、豪州では両種の掛け合わせを禁じている。

 国内では大阪の天王寺動物園が飼育していたが、高額なえさ代が負担となり、2019年に最後の1匹が英国の動物園に移った。

 イングランドの丘には、1981年に兵庫県が西オーストラリア州と姉妹都市提携を結んだ記念として、87、88年に南方系コアラ計4匹がやってきた。「そもそも西オーストラリア州にコアラは生息しておらず、たまたま贈られたのが南方系だった」と同園の後藤敦飼育担当係長(38)。以降、03、11年に各4匹が寄贈された。13年には天王寺動物園のコアラとの間に子どもが生まれ、最盛期には9匹まで増えた。

 だが、寿命などで現在は4匹に。メスは国内最高齢のみどり(23歳)とのぞみ(12歳)で、平均寿命が15歳前後のコアラでは高齢の部類に入る。「みどりは人間でいうと100歳以上」と後藤さん。のぞみとオスのだいち(7歳)のペアリングを試みるが難しく「安定的に増やすには豪州から贈ってもらうしかない」。

 同園は元々、県の施設だった。01年に旧三原町(現・南あわじ市)の第三セクターとなってからもコアラ館などは県が所管し、寄贈の陳情も担う。来年の姉妹都市提携40年に向け、今年から本格的に動きだす予定だったが、コロナ禍で知事の訪問は中止された。

 担当者は「豪州はウイルスに過敏で、寄贈依頼の公文書も送れない状況」と話す。西オーストラリア州側もコアラの高齢化は把握しているといい、「姉妹都市提携40年のタイミングには間に合わないかもしれないが、寄贈の約束を取り付けたい」と思い描く。

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ