総合 総合 sougou

  • 印刷
「おちょやん」より(NHK提供)
拡大
「おちょやん」より(NHK提供)
「おちょやん」より(NHK提供)
拡大
「おちょやん」より(NHK提供)

 11月30日に始まったNHK連続テレビ小説「おちょやん」で、兵庫県西脇市出身でロックバンド「ウルフルズ」のトータス松本が、ヒロイン竹井千代の父親・テルヲ役を熱演している。朝ドラ出演は予想外で「正直に言えば、ちゅうちょした」と言うが、今では「テルヲはだらしなくて、どうしようもない。ひどいお父さんですよ」と役づくりを楽しんでいるようだ。

 松竹新喜劇で活躍した女優・浪花千栄子の半生がモチーフ。大阪・南河内の貧しい家に生まれた主人公が奉公に出ていた道頓堀で芝居の魅力に接し女優を目指す。ヒロインの千代役は幼少期を毎田暖乃、成長後を杉咲花が務める。

 テルヲは養鶏で生計を立てるが、仕事は千代に任せっきり。見えっ張りで気が弱くて世渡りは下手だが、口が達者で女にもてる。

 その人物像を「家族に対する愛情や世間体、恩や義理といった人との調和をあまり考えない人。千代から鶏と自分たちと『どっちが大事やねん』と聞かれ『決まっとるやないけ、鶏や』というせりふがあるが、そう言い切るテルヲの(自由さ)がうらやましくもある」と話す。

 テルヲの今後については「だらしなくてどうしようもないままなのか、最後は少しぐらい良い人間になるのか。これからを温かく見守ってください」と呼び掛ける。

 一方、最初の現場は毎田ら子役がいて「わちゃわちゃしていて楽しかった」とする一方で「子役の彼女がこれだけやるんだから、とにかく受けて立つ」と気構えていた。杉咲とは2012年の関西系ドラマ「家族のうた」以来の共演といい、「親戚の娘さんの成長を見ている感じ」と目を細める。(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ