総合 総合 sougou

  • 印刷
一時は廃村状態だった集落をまるごと再生した「グラミンカSAYO」=兵庫県佐用町若州(撮影・小林良多)
拡大
一時は廃村状態だった集落をまるごと再生した「グラミンカSAYO」=兵庫県佐用町若州(撮影・小林良多)
古民家を改修した宿泊棟。個性的な部屋でグランピングを楽しめる=兵庫県佐用町若州
拡大
古民家を改修した宿泊棟。個性的な部屋でグランピングを楽しめる=兵庫県佐用町若州
大勢のボランティアらとともに古民家を生まれ変わらせた大野篤史さん=兵庫県佐用町若州
拡大
大勢のボランティアらとともに古民家を生まれ変わらせた大野篤史さん=兵庫県佐用町若州
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 住民が1世帯だけとなった兵庫県佐用町の若州(わかす)集落で、地区一帯をまるごと「グランピング」拠点に生まれ変わらせる試みが進んでいる。長らく空き家になっていた山あいの古民家6棟を一斉に改修し、宿泊施設などに再生。12月中旬にオープンする予定で、プロジェクトを手掛ける事業者は「集落ならではの一体感を生かし、自然に囲まれた時間を楽しめる空間にしたい」と意気込む。(勝浦美香)

 中国自動車道の佐用インターチェンジから北西へ約15キロの若州集落。野鳥のさえずりが心地良く響き、川沿いには古民家が立ち並ぶ。旧4町が合併した2005年には7世帯が暮らしたが、高齢化などで次々に減り、08年にはいったん無人の廃村状態に。現在の1世帯は、その後に入った移住者だ。

 事業に挑むのは、ともに神戸市内で元教師だった大野篤史さん(41)と大西猛さん(37)。採用同期の2人は古民家や田舎暮らしへの関心が共通することもあり、そろって転身を決めた。18年に共同で会社を設立し、兵庫県神河町で古民家1棟を宿泊施設に改修。「グランピング」と「古民家」を掛け合わせ、「グラミンカ」の名称で開業した。

 すると、想定外の交流が生まれた。地域からお裾分けが届いたり、果物の収穫体験に招かれたりと、田舎ならではの体験ができる施設に発展。この経験を踏まえ、佐用町では集落のまるごと再生を企画した。

 隣り合う6棟の空き物件を買い取り今春、工事に取り掛かった。大野さんらの知り合いをたどり、全国から集まった五つの建築家チームが施工を担当。半年近く住み込み、シェアハウスと田舎暮らしを楽しみながら作業を続けた。インターンシップとして手伝う学生も会員制交流サイト(SNS)で募集し、完成までに延べ約120人が携わった。

 宿泊棟として完成したのは4棟。いずれも開放的な大きな窓とバーベキューこんろを備え、グランピング気分を盛り上げる。寝室やリビングの中には、岩場や繭をモチーフにデザインした独創的な部屋も。施工チームの個性がにじみ、SNS映えのスポットとしても人気を集めそうだ。

 残る2棟はスタッフが常駐する本部棟と、交流を目的とするコミュニケーション棟として活用する。若州集落出身で、通勤の利便性から約35年前に転居した女性(65)=佐用町=は「まさかこんなふうに変わるとは」と驚き、観光客の増加を期待する。

 各棟とも施設利用料(2万6千円)と、宿泊人数に応じたサービス料(1人7千円から)が必要。グラミンカSAYO TEL0790・71・0729

総合の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ