総合 総合 sougou

  • 印刷
ドラゴンクエストの新アトラクションのイメージ((C) 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.)
拡大
ドラゴンクエストの新アトラクションのイメージ((C) 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.)

 兵庫県立淡路島公園(淡路市)にあるアニメの体験型テーマパーク「ニジゲンノモリ」は10日、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界を再現した新アトラクションを来年春にオープンさせる、と発表した。来場者が物語の主人公となり、現実とデジタルを融合させたロールプレーイングゲーム感覚で楽しめるという。

 名前は「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」。同公園内の約8千平方メートルを使う。オリジナルストーリーに沿い、モンスターとの遭遇などを体験しながら冒険を進められる。

 ドラゴンクエストの原作者は洲本市出身の堀井雄二さん。ニジゲンノモリを運営する総合人材サービス・パソナグループの現地子会社が、古里の淡路島での施設開設を「スクウェア・エニックス」(東京)に提案。アトラクションの企画と制作は同社が担う。来年はドラゴンクエスト誕生35周年で、その節目に合わせる。

 料金やオープン日などの詳細は未定で、順次発表される。ニジゲンノモリでは今年10月、巨大ゴジラのアトラクションが開設されて話題を呼んだ。(上田勇紀)

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ