総合 総合 sougou

  • 印刷
今年行われた西宮神社の神事「福男選び」=1月10日、西宮市社家町
拡大
今年行われた西宮神社の神事「福男選び」=1月10日、西宮市社家町

 来年1月10日に予定していた西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の恒例行事「開門神事福男選び」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった。同神社に記録が残る1939年以来、戦災や全国的な祭礼事故以外で取りやめるのは初めて。前方集団の事前抽選に申し込んだ人には順次、はがきで連絡をする。

 福男選びは「十日えびす」の本えびすの1月10日、午前6時に開門する神事に合わせ、江戸時代に自然発生したとされる。例年約5千人が本殿への参道約230メートルを走り、先着順に1~3番福が認定される。

 同神社によると、近年は先着1500人を午前0時に抽選して前方集団約260人を決める。今回はコロナ対策で前方集団を事前抽選で80人に絞るとしたが、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止を踏まえて中止した。

 中止は45年8月の米軍空襲で被災した46~52年と、全国の祭りで死亡事故が続いて警察の指導で中止した66、67年のみ。今回は「感染防止を第一に考えた」とする。

 事前抽選には15日までの募集に約870人が申し込んだ。開門神事自体は行うため、参拝者を安全に本殿に誘導する方法を検討している。(中川 恵)

総合の最新
もっと見る

天気(4月16日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ