総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路市立動物園から逃げたオオタカの「八重姫」(同園提供)
拡大
姫路市立動物園から逃げたオオタカの「八重姫」(同園提供)

 兵庫県姫路市立動物園(同市本町)は28日、飼育している雌のオオタカ(3歳)が猛禽舎から逃げたと発表した。神経質な鳥のため人を襲う可能性はないという。

 全長65センチ、体重1・3キロ。江戸時代に姫路城で行われた「鷹狩り」を再現しようと昨年1月に購入し、「八重姫」と名付けられた。

 同園によると27日朝、飼育員が清掃で猛禽舎に入った際、扉の隙間から飛び去った。本来は二重扉の外扉の鍵を閉めてから内扉を開けるが、今回は掛け忘れていた。しばらく城周辺を飛び回っていたが、28日昼ごろ見失ったという。

 左右の脚には個体識別用のリングが付いており、29日以降も周辺の森などを捜す。同動物園TEL079・284・3636

(井沢泰斗)

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ