総合 総合 sougou

  • 印刷
2020年1月に行われた西宮神社の神事「福男選び」
拡大
2020年1月に行われた西宮神社の神事「福男選び」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止を決定した恒例行事「福男選び」を巡り、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)は29日、1月10日午前6時の開門時に係員が参拝客を先導し、歩いて本殿まで誘導すると発表した。

 福男選びは、本えびすの1月10日午前6時に太鼓の音とともに表大門を開く「開門神事」の一環。参拝者たちは約230メートル先の本殿に向かって一斉に駆け出し、最初に到着した3人が「福男」に認定される。感染者の急増を受け、同神社は中止を決定していた。

 当日は午前5時45分ごろから、門の前で待つ参拝者におはらいを行う。開門後は、神事を手伝う「開門神事講社」の講員が先導。ゆっくり歩いて本殿に向かう。

 同神社の広報担当者は「一番初めに本殿に着くのは講社の講員なので、走らずにゆっくりお参りしてもらいたい」としている。(村上貴浩)

総合の最新
もっと見る

天気(4月16日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ