総合 総合 sougou

  • 印刷
2階のオフィスから外へ。海沿いで働くパソナグループの社員ら=淡路市野島平林(撮影・中西幸大)
拡大
2階のオフィスから外へ。海沿いで働くパソナグループの社員ら=淡路市野島平林(撮影・中西幸大)

 海沿いのテラス席に、笑顔がはじけた。

 兵庫県淡路市北部の西海岸。真っ青な海面に日差しがキラキラと反射する。

 ここは、総合人材サービス・パソナグループのオフィスが入る場所。ノートパソコンを広げ、リラックスした表情で社員が仕事に向き合っていた。巨大都市東京のオフィスとは百八十度異なる環境だ。

 同グループは昨年9月、東京から淡路島へ、主な本社機能の移転を発表した。2024年5月末までに、管理部門の社員約1200人が島内に移る。

 首都圏の過密、地方の過疎。是正の必要性が叫ばれて久しいが、一極集中にはいっこうに歯止めがかからない。ところが新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでの働き方が見直される中、パソナの挑戦は脱・一極集中の試みとして全国から注目を集めている。

 「通勤のストレスがゼロになった」。実際に東京から島へ転勤してきた男性社員が話す。海と山に囲まれ、ゆったりとした時間の流れを感じるという。

 島内では08年から農業や観光に力を入れており、その動きがさらに加速する。住居の確保や地域との融和など課題はある。だが、人口減少にあえぐ淡路島に、移転計画は大きな期待を抱かせる。

 コロナ禍をきっかけに、地方へ注がれる視線が変わった。新しい日常は、島への追い風にもなる。(上田勇紀)

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ