総合 総合 sougou

  • 印刷
福本清三さん
拡大
福本清三さん

 時代劇で「斬られ役」として活躍した俳優の福本清三(ふくもと・せいぞう、本名橋本清三=はしもと・せいぞう)さんが1日午後5時26分、肺がんのため京都市の自宅で死去した。77歳。兵庫県香美町出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻雅子(まさこ)さん。

 時代劇が全盛だった1958年、15歳で東映京都撮影所に専属の大部屋俳優として入った。以来、約半世紀にわたり主に斬られ役で映画やテレビの時代劇に出演し、「5万回斬られた男」の異名を取った。

 殺陣のプロ集団「東映剣会」に所属。えび反りになって後方に倒れ込むなど、迫真の斬られっぷりで主役を引き立てた。姫路市でもロケが行われた米ハリウッド映画「ラスト・サムライ」(2003年)で、主人公を警護する寡黙な侍役に抜てきされ、脚光を浴びた。

 映画「太秦ライムライト」(14年)では、自身と重なる「斬られ役50年の大ベテラン」役で初主演を務め、カナダのファンタジア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。14年11月には香美町で上映会があり、福本さんも来場し町観光大使の委嘱を受けた。

 ロケ地となった太秦撮影所で福本さんと懇談した同郷の久保義久さん(67)=香美町香住区森=は「謙遜し、はにかんだような笑顔で感謝の言葉を述べていた様子を覚えている」と話し、「郷里の大スター。まだ元気に活躍される姿を楽しみにしていた」と残念がった。

 香美町の浜上勇人町長は「映画の主人公の香美山という名前には、ふるさとを思う気持ちが込められている。国内外で活躍し、町にも貢献してくれた。残念でならない」とコメントした。

総合の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ