総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
開門の後、本殿へと向かう講社の人たち=10日、午前6時、西宮市社家町、西宮神社(撮影・風斗雅博)
拡大
開門の後、本殿へと向かう講社の人たち=10日、午前6時、西宮市社家町、西宮神社(撮影・風斗雅博)
開門とともに本殿に向かって歩き出す参拝者たち=西宮市社家町、西宮神社(撮影・風斗雅博)
拡大
開門とともに本殿に向かって歩き出す参拝者たち=西宮市社家町、西宮神社(撮影・風斗雅博)

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、兵庫県西宮市社家町の西宮神社で10日早朝、十日えびすの恒例行事「開門神事」があった。今年は参拝者が本殿への一番乗りを目指して境内を駆ける「福男選び」が中止となり、約500人の参拝者は行列をつくり、ゆっくり歩いて本殿を目指した。

 江戸時代に始まったとされる「開門神事」。毎年約5千人の参加者が9日夜から神社を取り巻くように並び、開門時の先頭付近での位置どりを決める抽選に臨む。今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で福男選びが中止になり、いつものにぎわいはなかった。

 夜明け前の午前5時40分、赤門前でおはらいが行われ、門の前にできた列に、同神事を運営する「開門神事講社」の講長平尾亮さんが走らないよう協力を呼び掛けた。

 午前6時。「開門」の掛け声とともに門が開いた。参拝者が福男を目指して飛び出していく例年のシーンはなく、開門神事講社のメンバーが先導し、5列になってゆっくり行進した。本殿に到着すると、平尾さんが「えべっさん、会いに来ました!」と宣言。参拝者たちは深々と頭をさげた。

 5時半ごろから父親と先頭付近に並んだ小学5年生の男児(11)=西宮市=は「今年は静かでお参りしやすかった。『コロナが早く収束しますように』とお願いした」と話した。(村上貴浩)

総合の最新
もっと見る

天気(4月13日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ