総合 総合 sougou

  • 印刷
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
拡大
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
拡大
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
拡大
登リ田遺跡から出土した土馬(兵庫県立考古博物館提供)
土馬が出土した墓(兵庫県立考古博物館提供)
拡大
土馬が出土した墓(兵庫県立考古博物館提供)

 兵庫県教育委員会は13日、同県姫路市継の集落遺跡「登リ田遺跡」で、飛鳥時代の墓とみられる穴から、水の祭祀に用いられたとされる「土馬」2体が出土した、と発表した。土馬は川などから出土するケースが多く、墓の跡から見つかるのは全国的にも珍しいという。(斉藤絵美)

 同遺跡は八家川の河川整備事業に伴い、昨年7~12月に発掘調査を実施した。

 昔、馬は病気をもたらす疫病神の乗り物と考えられていたため、病気を広めないよう土馬の脚を折って水に流した説があるという。今回出土した土馬は土製の焼き物で、全長がそれぞれ29センチと24・4センチ。手綱や鞍などの馬具が表現された「飾り馬」で古い時期のものと考えられ、飛鳥時代とみられる墓の穴(長さ2・9メートル、幅0・7メートル、深さ0・25メートル)から見つかった。

 調査に携わった県まちづくり技術センターの職員は「昔の人も疫病の流行を防ぐおまじないをしてきた。コロナ禍に昔の人の営みに思いをはせてもらえれば」と話している。

 土馬は16日~3月14日、兵庫県立考古博物館(播磨町)で開かれる企画展「ひょうごの遺跡2021-調査研究速報-」で展示公開される予定。月曜休館。入館料が必要。同館TEL079・437・5589

総合の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ