総合 総合 sougou

  • 印刷
作品に込めた思いを語る安達もじりさん(左)と京田光広さん(中央)=OSシネマズミント神戸(撮影・吉田敦史)
拡大
作品に込めた思いを語る安達もじりさん(左)と京田光広さん(中央)=OSシネマズミント神戸(撮影・吉田敦史)

 阪神・淡路大震災後、被災者の心のケアに努めた精神科医・安克昌(あんかつまさ)さんがモデルのNHKドラマ「心の傷を癒(いや)すということ」が再編集され劇場版映画になり、その完成披露試写会が15日、OSシネマズミント神戸(神戸市中央区)で開かれた。上映前には製作スタッフによるトークイベントがあり、ドラマ版で総合演出を手掛けた安達もじりさんらが、神戸で行われたロケの様子などを振り返った。

 安さんは日本の心的外傷後ストレス障害(PTSD)研究の先駆者として知られ、2000年に39歳で亡くなった。安さんをモデルとする精神科医を俳優の柄本佑(えもとたすく)さんが演じ、須磨海岸や神戸布引ハーブ園など、神戸市内の30カ所以上でロケが行われた。

 トークイベントには約100人が参加。安達さんは「ロケの関係者には涙が出るくらいきれいな心で協力してもらった」と感謝し「神戸の皆さんと一緒に作品をつくったという気持ちが、画面にも表れているはず」と述べた。

 安達さんは安さんの家族や知人への取材を重ね、評伝ともいえる資料をつくって製作に臨んだという。映画を企画した京田光広さんは「39年とは思えない色濃い人生を送った人」と安さんを評し「人間愛に満ちあふれた作品なので没頭してほしい」と呼び掛けた。

 映画は2月12日から同映画館などで公開される。(井原尚基)

総合の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 7℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 1℃
  • 50%

  • 8℃
  • 5℃
  • 70%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ