総合 総合 sougou

  • 印刷
周辺で犠牲になった人数と同じ105本のろうそくが並ぶ慰霊碑の前で、思いを語る嵯峨奈津美さん=17日午前6時4分、神戸市長田区若松町
拡大
周辺で犠牲になった人数と同じ105本のろうそくが並ぶ慰霊碑の前で、思いを語る嵯峨奈津美さん=17日午前6時4分、神戸市長田区若松町

 6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災は17日、発生から26年を迎えた。

    ◇

■大学生嵯峨奈津美さん=神戸・長田区

 「昨年亡くなったおばあちゃんの代わりに、初めて朝の追悼行事に参加しました」。午前5時46分、神戸市長田区若松町の若松鷹取公園で、神戸学院大4年の嵯峨奈津美さん(23)=同区=が手を合わせた。区内で自宅の下敷きになった祖母は当時をあまり語らなかったが、毎年「1・17」には早朝の祈りを欠かさなかった。暗さ、寒さ、静けさを肌で感じ、「当時の祖母の気持ちが少しだけ分かった気がする。引き継ぎたい」と涙をぬぐった。

 母方の祖母、多田千代子さんは87歳だった昨年2月、病気で他界した。震災では同区御屋敷通2にあった自宅が全壊し、天井の下敷きに。同居する息子に助け出されたが、その経験からちょっとした揺れにもおびえるようになったという。

 兵庫県香美町出身の嵯峨さんは、大学進学を機に神戸へ。「いつでもすぐに様子が見られるように」と、祖母宅から徒歩10分ほどのアパートを選んだ。

 これまで母と兄を交え、4人で東遊園地の銘板を見に行ったこともあるが、祖母は震災についてほとんど話さなかった。一方母は震災について積極的に教えてくれた。「神戸は母の出身地。義務だと思ったのだろう」

 自身は大学のボランティア団体に所属し、熊本地震や西日本豪雨の被災地で汗を流した。これまで「1・17」の午前5時46分に祈る機会はなかったが、毎年参加していた祖母の姿を思い、代わりに行こうと思い立ったという。

 同世代には、震災時に生まれていなかったことを負い目に感じ、震災を語ることを遠慮する人もいるというが、「それは違うと思う。勉強して知る努力をすればいい。おばあちゃんの思いをつなげたい」と数珠を握りしめた。(堀内達成)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

総合の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ