総合 総合 sougou

  • 印刷
緊急事態宣言の再発令後も人出が増えている三宮の繁華街=18日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・後藤亮平)
拡大
緊急事態宣言の再発令後も人出が増えている三宮の繁華街=18日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・後藤亮平)
緊急事態宣言の再発令後も人出が増えている三宮の繁華街=18日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・後藤亮平)
拡大
緊急事態宣言の再発令後も人出が増えている三宮の繁華街=18日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・後藤亮平)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染急拡大による緊急事態宣言が再発令された翌日、神戸市中心部の人出が前週より増えたことが市の調査などで分かった。三宮や元町など9地点のうち8地点で増え、増加率が7割に迫る場所も。昨年4月の宣言後は大半の地点で減少したが、再発令による外出抑制の効果が出ていない実態が明らかになった。

 同市は、関西電力などが街中に設置した赤外線センサーで集計した歩行者数のうち、主な9地点のデータを公開している。

 再発令翌日の14日と1週間前の7日の数値を比べたところ、14日の歩行者数が上回ったのは8地点。約1万4千人増の神戸マルイ東側が最大で、増加率も69・1%と最も高かった。このほか、ジュンク堂書店三宮店の南西(7日比44・7%増)、阪急神戸三宮駅西口前(同43・4%増)など前週から4割前後増えたのが5地点に上った。減少したのは、大丸神戸店南西(同62・6%減)のみだった。

 県は飲食店に午後8時までの営業を要請しているが、周辺に店が多い阪急神戸三宮駅西口前やJR元町駅東口南東で14日午後8~12時の人出は、7日よりも500~600人多かった。

 1回目の宣言が出された昨年4月7日の翌8日と前週の同1日では、7地点中5地点で宣言後に約19~33%減っていた。

 市は、夜間の外出を抑えるため、市営地下鉄と市バスの一部路線を22日から、午後10時以降の2~3割を減便する。

 一方、兵庫県も18日、再発令後の週末の人出が県内主要駅周辺で、昨年4月の宣言直後を大幅に上回っていることを明らかにした。JR姫路駅周辺では60%も多かった。

 ヤフー・データソリューションから提供された情報で、三ノ宮駅周辺で37・8%、西宮北口は58・2%増。阪神尼崎駅周辺は19・5%減った。(初鹿野俊、紺野大樹)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ