総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸掖済会病院は民間病院で新型コロナウイルス患者を受け入れる。手厚いケアが必要な高齢のコロナ患者が1人で入る4人部屋=神戸市垂水区学が丘1
拡大
神戸掖済会病院は民間病院で新型コロナウイルス患者を受け入れる。手厚いケアが必要な高齢のコロナ患者が1人で入る4人部屋=神戸市垂水区学が丘1
兵庫県民間病院協会の西昂会長=神戸市灘区備後町3
拡大
兵庫県民間病院協会の西昂会長=神戸市灘区備後町3

 新型コロナウイルス患者を受け入れるよう要請が強まり、兵庫県内の民間病院も対応に窮している。コロナ病床を数床設けるだけでも、1病棟をつぶさなくてはならない場合が多く、公立・公的病院より規模が小さい民間病院は、看護師らの確保も容易でないためだ。コロナ治療はクラスター(感染者集団)が発生し、外来や入院が止まる恐れもつきまとい、「病院がつぶれる可能性もある」と話す病院長もいる。

 兵庫県によると、昨年4月の時点で、県内には348の病院、約6万4千の病床がある。国公立病院や大学病院などの59カ所に対し、民間病院などは289カ所で県内病床の約7割を占める。ただ、県民間病院協会(神戸市中央区)によると、2019年3月末の時点で会員の253病院をみると、200床以上の病院は59カ所で、そのうち28カ所は精神科病院という。

 現在、県内で確保されるコロナ病床は756床とされるが、使用率は8割近くに達し、自宅待機者が多数出ている。神戸市立医療センター中央市民病院(全768床)のコロナ専用臨時病棟は36床がほぼ満床で、同市は20日、民間を中心とした46病院でつくる神戸市第二次救急病院協議会に「1床でも2床でも」とコロナ患者の受け入れを要請。県も13日、病床確保の協力を県内全病院に依頼した。

   ◆

 神戸市垂水区の神戸掖済会(えきさいかい)病院(藤久和(ひさかず)院長)は325床と一定の規模があり、昨年秋からコロナ患者を受け入れる。一般患者との分離を徹底しようと、休床中だった49床の1病棟を丸ごと使って、軽症・中等症用の10床を用意した。当初平均4割弱だった病床使用率が急上昇したのは昨年末。1月に入ると、20日までに満床日は15日に上った。

 今回の「感染第3波」では、入院患者が高齢化。今月21日に入院する10人は全て60代以上で、7人は後期高齢者。例えば認知症があるコロナ患者は、病室から勝手に出たり、点滴を抜いたりする。食事介助も時間がかかり、各病棟から集めた看護師で仕事を回す。

   ◆

 同市東灘区の甲南医療センター(374床)は、47床の病棟をほぼつぶしてコロナ病床を3床設けた。3床に限ったのはより厳格な院内感染対策のためで、ほかに救急外来の陽性患者に備えた一時隔離病床を2床作り、さらにコロナの「疑い患者」を収容する13床を用意した。患者に対する1回の抗原検査では「偽陰性」の可能性が残り、いったん「疑い」病床に収容。翌日2度目の検査でも陰性となって初めて一般患者として扱うという。

 具英成(ぐえいせい)院長は「ここまでするから、院内感染は起きていない。小さな民間病院まで広く薄く病床を確保すると、あちこちでクラスターが出るかもしれない。重要なのは、病院間の役割分担ではないか」と話す。(霍見真一郎)

■受け入れ断念「責められない」県民間病院協会会長西昂氏■

 新型コロナウイルス対応病床の「伸びしろ」として期待されている民間病院。兵庫県民間病院協会の西昂(たかし)会長(医療法人康雄会理事長)に、コロナ患者の受け入れで求められる現場の対応や懸念を聞いた。

 -コロナ病床を設ける際に民間病院の課題は。

 「看護師の確保だ。全84床の私の病院では、コロナ病床を2床作ろうと検討しているが、約70人いる看護師の10人程度をコロナ対応に回さなければならない。一般診療を並行しようにも、張り詰めて頑張れる期間は限度がある。看護師1人がやめたら、せきを切ってやめていく恐れもある」

 -世間の目をどう見る。

 「感染者が出た県内の病院で、患者を退院させても『コロナを治した病院』ではなく、『コロナがいる病院』と言われた例がある。クラスター(感染者集団)が出れば、衛生管理が悪いという印象を抱く人もいる」

 -病床確保への協力は。

 「当然するべきだ。ただ、民間病院は赤字になったらおしまい。受け入れができないからといって、その病院を責められない」

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 7℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 1℃
  • 50%

  • 8℃
  • 5℃
  • 70%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ